ヒゲ脱毛の決心

ヒゲダンス、なんていうのが昔流行ったような気がするけれど、幼い心ながら私は「ああいうことをするようになるヒゲ面にはなりたくない」と思っていた。
しかし、現実はそうそう頭の中で引いた図面通りに進むものではなくて、私は今、明らかに「いつになったらヒゲダンスをやるの?」と子供に問い詰められそうなくらいには、ヒゲ面をしている。
ヒゲ面だからって女の子にもてるはずもなく、独り身を貫いている私は、もうそろそろこのことに限界を感じるようになった。
いっそ、もうこのヒゲをきれいさっぱりなくしてしまえば、もうちょっと私に訪れる出会いというものは増えるのではないのか。
そんなことを考えて、私はヒゲ脱毛というものについて調べ始めた。
ヒゲ脱毛は、メンズ部門を取り扱っているエステサロンによくあるものであり、これでつるっつるな顔を手に入れることができるのならば、多少の出費などいとわないという気持ちでいる。
それだけ、自分自身の顔にコンプレックスを抱いているわけだが、これまでなぜじゃあヒゲ面を貫いてきたのだろうか。
モテると思っていたからだよ。