ワキ脱毛の本当のこと

ワキ脱毛をすれば面倒な自己処理から解放されるので、その開放感を味わいたいと思う女性も多くいます。

実際にワキ脱毛をしてみて、ムダ毛処理からの解放を味わう一方で、ワキ汗が増えたと感じる人もいるようです。

では実際のところワキ脱毛をしたときにそのような症状がでるということはあるのでしょうか。

現在皮膚科では、脱毛後臭や術後多汗症という言葉が用いられることもあり、実際に脱毛後に体臭が変化したり、汗の分泌量が増えるように感じられることもあります。

こうした言葉があるとどうしても脱毛後に汗が増えたり、体臭がきつくなるのは本当なのだと思いがちです。

しかしこれらの因果関係は実は証明されていないというのが実情です。

なぜそのような言葉ができたり、脱毛後にワキ汗が増えたり、臭いがきつくなったと感じる人もいるのでしょうか?

一つにはワキ毛が汗や臭いをとどめておくという役目を果たしていたのに、脱毛によってワキ毛がなくなったというものがあります。

ワキ脱毛で完全に毛がなくなってしまうと、体毛に付着していた汗も皮膚や服に染みるようになります。

それで以前よりも汗をかくようになったと感じる人も多いようです。